• グリーン電力入門
  • はじめてみようG電力
  • ユーザー紹介
  • コミュニティ
  • データベース
  • みんなのリンク集
  • メルマガバックナンバー

トピックス

風力発電事業を証券化、地球温暖化防止の投資商品に

―グリーンパワーインベストメントのビジネスモデルとは― (2005.8.11)

グリーンパワーインベストメント株式会社(GPI)の代表取締役社長、堀俊夫さんは株式会社ユーラスエナジーホールディングスの 取締役会長を退任した後に、新会社を立ち上げ社長に就任、ユーラスの名誉顧問退任後に本格的な事業展開を開始した。新しい会社は、 ユーラスエナジーと同じ風力発電事業でも、最終的に一般投資家や機関投資家に向けた投資商品として仕上げていくというのが目的としている。



ESCOサービスのソリューションとしてグリーン電力

―山武のエネルギーマネジメントサービスの新たな展開― (2005.5.16)

株式会社山武がESCO(省エネやエネルギーマネジメントなどのサービス)事業の一環として、グリーン電力証書のサービスを始めた。 省エネした上に節約したエネルギーコストを自然エネルギーの導入に使い、いっそうの二酸化炭素排出削減を行う。 これだけでも、なるほどなあって思う。けれど、話を聞くと、思いがけない効果まであるというのだ。それこそまさに、 グリーン電力ならではのものなのだった。
―山武のエネルギーマネジメントサービスの新たな展開― (2005.5.16)


エグゼな人に、自然エネルギー体験を

―日本IBMエグゼクティブ向け研修施設 天城ホームステッド― (2005.3.22)

日本IBMのエグゼクティブ向けの研修施設、天城ホームステッドでは、昨年(2004年)10月、全消費電力を自然エネルギーにした。 日本IBMはなぜ、あえてこの施設を選んで自然エネルギー100%にしたのか。ということで、エグゼ気分で天城に足を運んだのであった。
―日本IBMエグゼクティブ向け研修施設 天城ホームステッド― (2005.3.22)


「GREENSTYLE」

―クールでポップ、持続可能な環境保全― (2005.3.02)

株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(SMC)が新たにスタートさせた環境ソリューションビジネスが、GREENSTYLEデザインだ。 合言葉は"クール&ポップ"。どのような環境配慮型ビジネスを展開していくのか。SMC執行役員の伊藤吉幸さんにインタビューを行った。



風の電気で動く電気自動車

―福岡カーシェアリングネットワークに行く― (2005.1.25)

福岡で、グリーン電力を使った電気自動車でカーシェアリングを行っているという。風力で発電された電力で動く電気自動車とは、まさしくゼロエミッションの自動車だ。 けど、カーシェアリングって何だろう?
ということで九州は博多、カーシェアリングネットワークへ取材に行って来ました。
―福岡カーシェアリングネットワークに行く― (2005.1.25)


バイオマスのグリーン電力はこうしてつくられる

―東京都森ヶ崎水再生センター常用発電事業 (2004.11.9)

以前、日本初のグリーン電力証書住宅「フランサ」を訪れたとき、ふと思ったのは、「この電気はバイオマスだったよな」っていうこと。 でも、バイオマス、しかも汚泥消化ガスでの発電となると、よくわからない。
ということで早速、取材を申し込んだのであった。
―東京都森ヶ崎水再生センター常用発電事業 (2004.11.9)


風力発電でのお酒造りを計画中

―宮城県の酒造会社、一ノ蔵をたずねて (2004.9.24)

酒造会社の活黹m蔵が風力発電を計画しているという話を聞いた。できれば自家発電として使いたいという。だとすれば、近い将来、風力日本酒が 誕生することになるのかもしれない。みんぐりの編集長であるもとはしは、詳しい話をうかがうべく、一ノ蔵の本社がある、宮城県松山町に向かった。
―宮城県の酒造会社、一ノ蔵をたずねて (2004.9.24)


日本初のグリーン電力住宅へ行く

―東武鉄道分譲住宅「フランサ」レポート (2004.8.14)

東武鉄道が分譲する住宅「フランサ」は、16期販売分より、グリーン電力証書3年分がついた、日本初のグリーン電力住宅となった。 でも、どうしてグリーン電力証書を導入したのか?現地に行き、東武鉄道の方に話を聞くことにしたのだ。
―東武鉄道分譲住宅「フランサ」レポート (2004.8.14)


(C) www.greenpower.jp Institute for Sustainable Energy Policies